お答えします、英語の疑問!(1) on Sundayとon Sundays

May1.png

Hi, everyone! How have you been?
ひじょ~にお久しぶりです、Alfです!


年齢性別国籍問わず、延べ1,000人を超える生徒さんを
受け持ってきた私。質問に対しては即座に、且つ120%の
精度をもってお答えするのがモットーですが、複数の
生徒さんから同じ質問をされることが多々あります。
そうした質問こそ、英語学習者の皆さんが高確率で
抱く疑問、突き当たる壁と言えるでしょう。

皆さんが抱く疑問に対し、あくまでも実用性を最重視する
という観点からお答えしていきます。学習者、講師、
そして経営者として、数多くのネイティブスピーカー達と
触れてきた経験、そしてメディアを使用しての膨大な
データ収集が拠り所です。皆さんが本当の英語の世界へ
羽ばたくための一助とすべく、魂を込めてしたためます!

さて今回のお題ですが、まずは皆さんにお尋ねしましょう。

ⒶI play tennis on Sunday.

ⒷI play tennis on Sundays.


ズバリ!正しいのはどちらですか?



スポンサーリンク



英会話ランキング

さていかがでしょう、答えは出ましたか?
ちなみに私の経験上、日本人英語学習者の
ほぼ100%がⒶを選びます。理由はただ一つ、

「学校でそう教わったから」

そもそも曜日を複数形にするという概念すら
持ち得ないことがほとんどですね。そして
学校英語の括りを飛び越え、本当の英語が
耳目に触れた時、この曜日を複数形にする
表現に初めて出会い、この上ない違和感を
覚え私の所へやってくるわけです(笑)
では実際ネイティブスピーカー達がどちらを
使うのかと言うと・・・

どちらも使うが Ⓑ>Ⓐ

これが答えです。「どちらでもいい」という
返答しか得られないこともありましたが、
やはり教養レベルの高い相手からは、差異を
把握した旨の回答がありました。

結論としては、習慣として行うことなら
on Sundays、特定の日のみならon Sunday
というのが多数派と言えます。

そもそもI play tennis.という一文は、
「私はテニスをする習慣がある」
ということを意味していますよね。
(現在形の基礎中の基礎、理解していますか?)
習慣であれば日曜日に何度も行うわけです
から、日曜日を複数形にするのが道理と
言えるわけです。ただしこの現在形と共に、
on Sunday(単数形)を使うのが絶対に間違い
だと言った人はいませんでした。

特定の日と言えども、意味するのは「次の日曜日」
であり、過去のことにも使うと言った人は一人も
いません。

ネイティブ感覚と教科書的英語(日本の学校英語的に
という意味ではなく、学術的に正しい英語)を統合
しますと、以下のようになります。

I play tennis on Sundays. 毎週日曜日に行う
= I play tennis every Sunday.
本来正しいのは上記だが、I play tennis on Sunday. も可。

on Sundayは「次の日曜日に」という意味で
使うことが一般的。

I'm talking to my parents online on Sunday.
=I'm talking to my parents online next Sunday.

いかがでしょう、スッキリしましたか?
今後も皆さんが持つ英語に対しての疑問に、
実用的に且つ分かり易くお答えしていきます。
今回はここまです。ご訪問誠にありがとう
ございました!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

語学ランキング
皆様の温かいサポートに心より感謝いたします!
¡Muchas gracias por su apoyo sincero!
I truly appreciate your sincere support!
Tôi thực sự đánh giá cao sự ủng hộ chân thành của bạn!
난 정말 진심으 당신의 지원을 주셔서 감사 합니다!
当ブログ内の全ての記事・音声ファイルの著作権は、ブログ所有者であるAlfredoに属します。無断での転載や教育施設での使用を禁じます。
Todos los contenidos son del dueño del blog, Alfredo.
☆All the audio files here were recorded by the blog owner Alfredo.
☆All contents on this website are the copyright of the blog owner Alfredo.


☆タイトル画像は著作権フリーです
Akane-KによるPixabayからの画像



この記事へのコメント