お答えします、英語の疑問!(2) Sugar ~ネイティブスピーカーの英単語

お答えします、英語の疑問!(2)  Sugar ~ネイティブスピーカーの英単語.jpg

Hi, everyone! How's it going?
皆さんお元気ですか?アルフです!


皆さんは健康のために続けていること、何かありますか?
運動の習慣であったり、飲食物であったりですが。

周囲の人々から「健康オタク」(health nut) と称される私は、
確かに食生活にはかなり気を使うタイプです。そんな私が
もう7年ほど摂り続けている食品が「生はちみつ」、英語
ではraw honeyと言います。

きっかけは7年前の春。くしゃみと鼻水が止まらなくなり、
「!とうとう花粉症が始まったか!?」とテンパった私は、
「花粉症に効く食べ物」でGoogle検索を試みました。
そこに登場したのが生はちみつ、購入者のレビューを見ると、
確かに花粉症の症状が軽減されたという声があります。
「I gotta get this one ASAP!」ということで、早速アメリカの
サプリメントショップでウェブ注文、到着を心待ちにして
いると・・・到着前にくしゃみと鼻水は治まっていました
とさ(笑) 

とは言えとにかく美味しいと評判の生はちみつ、口にして
みると確かに濃厚で、ついつい止まらなくなる美味しさです。
ただし食べ過ぎてしまっては本末転倒、毎朝超大さじ一杯
食べる(舐めるではなく食べるがしっくりきます)ことを習慣
に、はや7年が過ぎました。いまだに花粉症とは無縁でいられる
のは、ひょっとしたら生はちみつのおかげかもしれませんね。

「おい!英語の疑問はどうした!」という声がどこからともなく
聞こえてきますね(笑) 今回のお題に進む前に、上記の前置きが
どうしても必要だったのです。

お答えします、英語の疑問!(2)  Sugar ~ネイティブスピーカーの英単語 3.jpg

老若男女問わず数多くの生徒さんを指導し続けている私は、
英語以外のことも相談されることが非常に多いのです。
そしてその中でも多いのが、花粉症の悩みなんですね。
くしゃみ鼻水に咳、時には頭痛に苛まれるという方も
いらっしゃいます。集中力を削がれ、英語学習の大敵でも
あると言えるでしょう。そこで私は事あるごとに、この
生はちみつをお薦めしているというわけなのです。

先生の仰ることならと、実際にお試しになる生徒さんは
少なくありません。反響としては、「少し治まった」
「治まったような気がする」「治まっているか分からない
が、とにかく美味しいからいいや」
の三つに分類できます(笑)

しかしある時一人の生徒さんから、全く予想だにしない
反応があったのです。

「先生、天然のはちみつのはずなのに、原材料のところに
 砂糖と書いてあります。ウェブでパッケージのラベルを
 見て、買うのをやめました」


ええ~、生はちみつなのに砂糖が加えられているの?
看板に偽りあり?真相はいかに?

お答えします、英語の疑問!(2)  Sugar ~ネイティブスピーカーの英単語 1.jpg

スポンサーリンク




さて事の真相にたどり着くための鍵となる、非常に重要な質問をさせてください。

sugarの意味は何ですか?

sugarは砂糖に決まっておるだろうが!お主拙者をなめておるのか!?
というお怒りの声が聞こえてきそうです。(そんな言い方しない?)

お答えします、英語の疑問!(2)  Sugar ~ネイティブスピーカーの英単語 2.jpg

勘のいい読者の方なら「はは~ん、何かあるな?」とお感じでは
ないでしょうか。そうなんです、sugar=砂糖は正解とは言えません!

もちろん砂糖を意味することは間違いありませんが、それだけでは
足りない
のです。何度となく繰り返してきましたが、日本における
英語の指導においては、「英単語にたった一つの日本語の意味を
表面的に貼り付けて終わり」、この困った状態からいまだに脱却
できていません。

不安を抱いた生徒さんもその例に漏れず、sugarという単語が目に
入った瞬間、グラニュー糖や角砂糖をイメージしてしまったわけ
ですね。

是非今日から修正してください、

sugar = 糖(分)

これが英語のスタンダードです。

そしてそもそも生徒さんが見たのは原材料(ingredients)ではなく、
nutrition facts =栄養成分表(栄養+事実) なのです。確かに
私の手元にあるraw honeyのラベルにも、sugarと記されています。

英語圏の小学生はscienceの授業で、日本の小学生同様「光合成」に
ついて学習します。その教科書には

「緑色植物は太陽からの光、地中から摂り入れた水、そして空中の
 二酸化炭素を組み合わせ、sugarを作るのです」

という説明があります。日本では「デンプン」と習いますよね。
もちろんデンプン=多糖ですから、sugarと同義であるわけです。

お答えします、英語の疑問!(2)  Sugar ~ネイティブスピーカーの英単語 4.jpg

血糖値は英語でblood sugar、これも「砂糖」に縛られていては
対処できません。

ちなみに今回登場した生徒さんにもこの記事と同様の説明をした
ところ、「砂糖じゃなくて糖なんですね!」と納得していらっしゃい
ました。後日生はちみつにトライし、「すごく美味しかったです!」
とのこと。なんせ100%naturalですからね(笑)



たった一つの単語を例にとっても、英語の世界と学校英語の世界には
大きな隔たりがあると分かります。その垣根を華麗に飛び越え、本当の
英語の世界へと踏み出しましょう。今後も皆さんの英語ライフが
輝きに満ちたものになりますように!

それでは今回はここまでです。ご訪問誠にありがとうございました!

Thank you so much for visiting my blog! Have a good one!

著者紹介イラスト.jpg
著者紹介
不二有歩(ふじあるふ)
英語・国語(日本語)を中心に年齢性別国籍問わず、
千人以上の生徒に対し約20年の教授経験を持つ。
海外留学経験なしでVersant63点を取得。
TOEIC990点・英検1級ホルダーでもある。
趣味はバッティングセンター通い、筋トレと
ワインショップ巡り。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

語学ランキング
皆様の温かいサポートに心より感謝いたします!
¡Muchas gracias por su apoyo sincero!
I truly appreciate your sincere support!
Tôi thực sự đánh giá cao sự ủng hộ chân thành của bạn!
난 정말 진심으 당신의 지원을 주셔서 감사 합니다!
Todos los contenidos son del dueño del blog, Alfredo.
☆All the audio files here were recorded by the blog owner Alfredo.
☆All contents on this website are the copyright of the blog owner Alfredo.


☆タイトル画像並びに記事内で使用されている画像は全て著作権フリーです
Steve BuissinneによるPixabayからの画像
Дарья ЯковлеваによるPixabayからの画像
Robin HigginsによるPixabayからの画像
a_roeslerによるPixabayからの画像

この記事へのコメント