攻めまくる英会話!(2) ~英会話力を劇的に上げるための秘訣

ことばのいずみ 攻めまくる英会話!(2) ~英会話力を劇的に上げるための秘訣1.jpg

Hi, everyone! How's it going?
皆さんお元気ですか?アルフです!


では早速作業に取り掛かりましょう。「え?何のことですか?」と言う方は、
まずこちらをご覧になってください。

攻めまくる英会話!(1) ~英会話力を劇的に上げるための秘訣

さあ、攻めますよ!

今回はWhy do you study English? に対する意見を構築しましょう。

この問いに対し、皆さんはどうお答えになりますか?上級者を除けば、
社会人の生徒さんの多くが次のような英文を口から発します。

(I study English because)
I have to talk with foreigners (when I work).

(より多く発話しようという意識の高い方はカッコ内も)

仕事の中で外国人と英語で話さなくてはならない、そう仰りたいわけです。
もちろん意図は100%伝わりますよ。ひょっとしたら、「自分もそう答える!」
と感じている読者の方もいらっしゃるかもしれませんね。そこでお聞きしたい
のですが、

これで満足ですか?
これが表現したいことの全てですか?


少なくとも過去に指導させていただいた生徒さん達は、声を揃えて皆

そうじゃないんです!もっと格好よく言いたいのに出て来ないんです!
ことばのいずみ 攻めまくる英会話!(2) ~英会話力を劇的に上げるための秘訣2.jpg

と仰いました。概念化された発話内容を、十分に文章化できていないわけですね。
この場合2つの原因が考えられます。

①概念化された内容を表現するための知識(語彙・文法)がない。あるいは知識が
 あっても、それをアウトプットできない。
②そもそも概念化の時点で、母国語の表現力が乏しい。


ある人間の外国語力が、その者の母国語の力を超えることはあり得ません。
仮に母国語で10意見を語れるなら、外国語での表現力はそこから数十パーセント
ダウンとなります。母国で3、4しか語れないなら、言わずもがなですね。

②に関してご自分の力が疑わしいなら、是非早めに確認しましょう。
「何故英語を学ぶのですか?」という質問に対し、日本語でまずどれほど
語れるのか、試してみるのです。その時点で十分な「尺」が稼げないなら、
英語での発話は内容の乏しいものになるのが道理と言えます。

②はクリアできている①の皆さん、ここから作業に入ります!

スポンサーリンク




I have to talk with foreigners.

まずはhave toを need toに変えてみましょう。意味的には大差ありませんが、
「(状況的に強いられて)しなければならない」を意味するhave toより、
「~する必要がある」のneed toでいきましょう。ここから先全て同じことが
当てはまりますが、既にパッと口から出てくる単語やフレーズはもう結構、
そうでない語彙のアウトプットを最優先すべき
です。経験上皆さんhave toに
頼りがちで、need toはなかなか出てきません。

I need to talk with foreigners.

↑何も見ずに言えるまで練習しましょう。口を動かすことが最重要です!

次にtalkをcommunicateに変えます。職場で必要なのは意思の疎通で間違い
ないはず、加えて語彙のレベルを上げることもできます。「知っているけど
口から出て来ない」単語を、出てくるようにするのが狙い
です。
ついでにtalkなら「話す」だけですが、communicateならメールなどでの
やり取りも含むことになります。使わないのは勿体ないです!

I need to communicate with foreigners.

↑練習!

そして最大のつっこみどころ、foreignersです。この単語は正直おすすめ
できません
。現在の日本では使われることがなくなった「外人」のような、
冷たく排他的な響きがあります。では代わりにどんな語を使うとよいで
しょうか?

おすすめはnon-Japanese peopleですね。状況によってはnative English
speakersでもいいでしょう。

I need to communicate with non-Japanese people.

↑練習!

いかがですか?通例この時点で生徒さんは感嘆の声を上げます。

I have to talk with foreigners.
        
I need to communicate with non-Japanese people.

「これですよ!(This is what I really mean!)」という感じで(笑)

ことばのいずみ 攻めまくる英会話!(2) ~英会話力を劇的に上げるための秘訣3.jpg

何故皆さんがそうお感じになるのか?それは
自分の手持ちの武器を上手く使えば、今よりもずっと英語らしく
なることが分かったから


これに他なりません。実際のところ、難しい語彙や文法事項は一切
使っていませんよね?ただしこれはまだ序の口。更に英文に磨きをかけて
いきましょう!

「職場で」を加えます。

in my job または at my workplace 、どちらも装備しましょう。
前者は「仕事で」、後者は「職場で」という響きを持ちます。
故に前者にはin、後者にはatという前置詞が使われているのです。
これについてはまたの機会に説明しましょう。

I need to communicate with non-Japanese people in my job.
I need to communicate with non-Japanese people at my workplace.


↑練習!

う~ん、無くてもいいのですが、non-Japanese peopleの前に何か
入れたいですね。もし数名ならsomeかseveral、多いならlots ofを
加えましょう。ちなみにsomeならぼんやり、severalなら具体的に
顔が浮かんでいるという違いがあります。職場なのでsomeじゃ
まずいですね(笑)。

I need to communicate with several non-Japanese people at my workplace.

↑練習!

音読や暗唱で覚える際の注意事項があります。

①必ず自分が口にする英文の意味をつかみながら発話する
②特に言いづらい部分、出て来ない部分を重点的に練習する


①を行わないと、仮に覚えて一時的に言えるようになってもすぐに
忘れてしまいます
。②では通例自分にとって馴染みのない表現で
つまづきます
ので、そうした部分の経験値を上げていく必要が
あるわけです。

この辺りで通例「せ、先生、ちょっと長くありませんか?」という
つっこみが入ります(笑) 「何を仰る、まだ半分くらいですよ(‐ ‐☆」

ことばのいずみ 攻めまくる英会話!(2) ~英会話力を劇的に上げるための秘訣4.jpg

残りの半分は、I study Englishの部分に手を加えたものになります。
「職場で英語を使っての意思疎通が必要である、だから~」と展開
しましょう。I study Englishだけでは、皆さんも「ザ・日本人英語」
という印象をお持ちになるのが常です。

「勉強する」を「上達させる」に変換してみます。need toの繰り返しは
格好よくありませんので、「上達させるために頑張っている」にして
みましょう。

I need to communicate with several non-Japanese people at my workplace,
so I'm trying to improve my English.


↑練習!

日本語その他の言語でも同じことが当てはまりますが、意見や発話の
ボリュームを増やしたければ、「何故?」と問いかければいい
のです。
「職場の人と意思疎通するため、英語を上達させようとしている」のは
何故ですか?通例皆さんから返ってくる答えは、「効率よく仕事をする
ため」です。

to work efficiently with them
with themでしっかり締めましょう!

↑練習!

I need to communicate with several non-Japanese people at my workplace,
so I'm trying to improve my English to work efficiently with them.


↑練習!

日本人英語学習者あるあるの一つに、「becauseを使い過ぎる」というのが
あります。上記の文の頭にbecauseを置くわけですね。それを避けてsoで
つないでみましたが、正直今一つ。ここは2つの文に分け、スマートでない
toの連発をやめましょう。「~するため」をより強調した形である、
in order toの出番です。

I need to communicate with several non-Japanese people at my workplace.
In order to work efficiently with them, I'm trying to improve my English.


↑練習!

「より効率的に」のmoreも加えておきましょう。

I need to communicate with several non-Japanese people at my workplace.
In order to work more efficiently with them, I'm trying to improve my English.


↑練習!

「efficientlyなんて出て来ないよ」とお嘆きの方、まず日本語で意見を作る段階で
出てきましたか?出て来ないなら根本的な意見不足、英語が出て来ないだけなら
出て来るようになるまで練り込めばいいだけの話です。使いもせず、鍛錬もせずに、
出て来るようになるはずはありません。スポーツ、音楽、仕事、英会話、全て
同じです。

さあbeforeとafterを確認しましょう。

Before : I have to talk with foreigners.

After :
I need to communicate with several non-Japanese people at my workplace.
In order to work more
efficiently with them, I'm trying to improve my English.


ことばのいずみ 攻めまくる英会話!(2) ~英会話力を劇的に上げるための秘訣5.jpg

何と言うことでしょう!(笑) 短く日本人感満載だった英文が、
こんなに立派な英語らしい文章になりました。「この英文は
自分で使えそうだ」という方は、是非音声ファイルを使って
練習してください。





音声面に関し、「平坦になってしまう(抑揚がない)」という悩みをよく
耳にします。前記の繰り返しになりますが、そもそも発話している
英文の意味を意識していますか?意識していれば自然に感情がこもり、
感情がこもればそれが抑揚となって表れる
のです。
この一言で目からうろこの生徒さんが過去非常に多かったので、
皆さんもこの機会に是非見直してみてください。

そして私が記事の中で使っている「概念化・文章化・音声化」などに
ついて、非常に分かり易く解説してくれているのがこの一冊。

私も日々行っている、そして皆さんもやっているかもしれないシャドーイングについても、
これを読めば納得且つモチベーションアップ間違いなしです。

さあいかがでしたか?少なくとも中高の6年間、せっかく学んだ英語の
知識を十分に活かせば、皆さんの英語の発話はもっともっと彩を帯びた
ものになるのです。今までは紙の上に縛り付けられていた英単語や
英文法を、立体的な世界の中で心行くまで使いこなしましょう!

次回は「状況描写と感情描写」について、更なる発話のレベルアップを
可能にする手法をご紹介する予定です。お楽しみに!


それでは今回はここまでです。ご訪問誠にありがとうございました!

Thank you so much for visiting my blog! Have a good one!

著者紹介イラスト.jpg
著者紹介
不二有歩(ふじあるふ)
英語・国語(日本語)を中心に年齢性別国籍問わず、
千人以上の生徒に対し約20年の教授経験を持つ。
海外留学経験なしでVersant63点を取得。
TOEIC990点・英検1級ホルダーでもある。
趣味はバッティングセンター通い、筋トレと
ワインショップ巡り。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

語学ランキング
皆様の温かいサポートに心より感謝いたします!
¡Muchas gracias por su apoyo sincero!
I truly appreciate your sincere support!
Tôi thực sự đánh giá cao sự ủng hộ chân thành của bạn!
난 정말 진심으 당신의 지원을 주셔서 감사 합니다!
Todos los contenidos son del dueño del blog, Alfredo.
☆All the audio files here were recorded by the blog owner Alfredo.
☆All contents on this website are the copyright of the blog owner Alfredo.


☆タイトル画像並びに記事内で使用されている画像は全て著作権フリーです
Gerd AltmannによるPixabayからの画像
Gerd AltmannによるPixabayからの画像
PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像
5132824によるPixabayからの画像
denkendewolkeによるPixabayからの画像

この記事へのコメント